つくば市の鍼・灸・マッサージ・訪問マッサージ(医療保険によるマッサージ)・運動(トレーニング)やセルフケアの指導/こぼり治療院(院長:小堀孝浩)

患者さんの声 ③     (訪問治療の方)

患者さんからいただいた治療のご感想やご意見

 当治療院はほとんどの方が患者さん同士の紹介で来院されます。

 また連携させていただいている医師やトレーナー・ケアマネジャーの方々からもご紹介していただいております。

 患者さんから多くのご感想をお寄せいただいておりますので、心に残る声をご紹介させていただきます。

「脊髄損傷による痛みや機能障害」60代 男性

        福居さんとツーショット

 2011年8月、私は北海道で建設作業中に、吊り荷の落下事故に遭いました。ドクターヘリで搬送され、緊急手術となりましたが、両下肢が完全に麻痺してしまいました。それだけではなく、両腕に痺れと痛みも生じるようになりました。

 事故以降は、リハビリをしましたが、車椅子での生活を送るようになりました。そのような状態で、2年ほどリハビリを行っていましたが、そのリハビリにも行き詰まりを感じ、何か納得できない毎日を過ごしていました。

 そんな中、娘が「つくばにロボットスーツによるトレーニングができる施設がある」ということを調べてくれ、「毎日をただ無駄に過ごさなくて済む、何かやれることがあるのではないか」と考えられるようになり、つくばに来ることを決めました。
 その際、ロボットスーツによるトレーニングだけでは物足りないと思っていたので、身体のケアも合わせて行えたらいいなと思い、北海道でも受けていた鍼灸マッサージの治療を、つくばでも受けようと思いました。

 ロボットスーツと同様、娘がつくば市で鍼灸マッサージをしてくれる治療院を調べてくれ、最初は、痺れと痛みが残る両腕のケアをしてくれればいいなという軽い気持ちで、こぼり治療院に訪問による治療の依頼をしました。
 ところが、こぼり治療院の小堀先生は、引っ越した翌日の夜に、さっそく様子を見に来ていただき、それだけはなく、さっそくその日に身体全体の具合を診てくれました。お忙しいなか、素早い対応をしていただき、とても有り難かったです。
 そして、先生にお会いしてみて、明るく、はっきりした話し方で安心しましたし、お話してみて、熱い想いと行動力のある方だと思いました。さらにうれしかったのは、「急がないで、ゆっくり、一緒にやっていきましょう」という言葉をかけてくれたことです。

 先生にお世話になって5ヶ月になりますが、両腕のケアにより、以前より肩から腕にかけての痛みと痺れが軽減しました。それだけでなく、その日の状態に合わせて、全身のケアをしてくれています。
 また、ケアだけでなく、ロボットスーツのトレーニングに必要となる身体の動きや筋肉の意識の仕方などのアドバイスもしてくれますし、ケアと共にリハビリも一緒にしてくれていて、毎回、色々なことを考え、試していただけます。

 先生と患者の関係は、どうしても一方的な治療になりがちなところが多いのですが、小堀先生の治療は、話をよく聞いてくれ、質問も気軽にでき、一緒になって治療をしてくれているので、安心で、楽しみです。
 それだけはなく、身体のケアはもちろん、色々な相談にも乗ってくれ、心のケアもしてもらっています。先生には、1人でこもりきりになりがちな気持ちも、何でも話せて、支えてもらっています。
正直、この5ヶ月は、トレーニングとケアの部分では充実していましたが、それ以外の面で何度もくじけそうになりました。一時期は、西も東も分からない、誰1人知り合いも居ないつくばに来たのが間違いだったのではと悩んだことも度々ありましたが、先生の言葉・顔に助けられ、支えられ、現在もトレーニングや日々の生活を頑張って過ごせています。


a:1242 t:1 y:2

powered by Quick Homepage Maker 4.8
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional